Such A Sunny Day

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

テス

 トワンツー
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

7/30、8/6購入

 どうもー。

時間が空きましたが、まずは7/30の購入分。

Akron/Family / Set'em Wild, Set'em Free
Dr.John / Gumbo
Los Lobos / Colossal Head
The Coral / Roots and Echo
川本真琴 / 川本真琴

Akron/Familyが飛びぬけていいです。アニコレと並んで年間ベスト候補。
土臭いアメリカンロックにアフロビートやテクノっぽさが混じっていて、汗臭さが良い。
川本真琴については、最近自分の中で90年代のJ-POPがリバイバル中なんです。



続いて8/6購入分

Tokyo No.1 Soul Set  /  9 9/9
小沢健二 / 犬は吠えるがキャラバンは進む
Super Furry Animals / Guerrilla
Jaco Pastorius / Jaco Pastorius

Super Furry Animalsのアルバムはこれでほぼコンプリート。
いつもはジャズとか全く聴かないのに、背伸びして買ってみたJaco。
この人のベースは発明品ですな。リズムとメロディーが高い次元で融合してます。

購入物 | permalink | comments(26) | trackbacks(34)

7/17購入

 どうもー。

ディスクユニオンで買ってきました。
またしてもワゴンセールから。

Rodrigo Y Gabriela / Rodrigo Y Gabriela
Stereolab / cobra And Phases Group Play Voltage In The Milky Night
The Magic Numbers / The Magic Numbers

マジックナンバーズは昔からちょっと欲しかったけど、
300円だったのでようやく購入。
見てくれからは想像できないほど、どポップ!
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

7/1購入

 ユニオンの3枚で500円セールで6枚買いました。


Fiona Apple / When The Pawn

Duffy / Rockferry

Ben Harper and The Blind Boys of Alabama / Live At The Apollo

Paul Weller / Stanley Road

Ocean Color Scene / Moselly Shoals

Beck / Odelay


Beckはほとんど持ってるのに、なぜかOdelayだけ持ってなかったので購入。

6枚で1,000円・・・ふふふ。
購入物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

2009.6/28CD購入歴

 思い立って買ったCDを書き溜めていく事にしました。

今日買ったのは

Phoenix / Wolfgang Amadeus Phoenix

Passion Pit / Manners

くるり / 魂のゆくえ

いまフェニックスから聴いてますが、ポップで非常に良いです。



最近買って、棚に整理されず机に残っているものも挙げておきます。

TALKING HEADS / TALKING HEADS: 77

TALKING HEADS / True Stories

Tom Tom Club / Tom Tom Club

SOULWAX / Nite Versions

Rufus Wainright / Rufus Wainright

Tom Petty / Wildflowers

Broken Social Scene / feel good lost


レビューは実際ちょい面倒なので、これを続けていこうかな。

レビューは気が向いたらということで@
購入物 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

The Rapture / Pieces of the People We Love

ニューヨークのポストパンクバンドの2枚目。
1枚目のEchoesを世に出してポストパンクのブームを決定付けたけれど、
美味しいところはUKのバンドに持って行かれた感のあるこのバンド。

3年のインターバルを経て出てきたこのアルバムでは、
ポストパンクの域を飛び出し、熱いダンスミュージックを鳴らしてます。
1枚目のキリキリピキピキしていた雰囲気もかなり格好良かったけど、
このアルバムのシンプルながら分厚いダンスチューンも俄然いいです。
全体の音のバランスが取れていて飽きがこないし。

3枚目も楽しみにしてます。
P〜R | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

The Who / The Kids Are Alright

The Beatles、The Rolling Stonesと並ぶ
英国三大ロックバンドの一角のライブドキュメンタリーDVD。
先月の来日公演も素晴らしかったです。
世界最強のライブバンドだった頃の映像がこのDVDで沢山観れます。

デビュー当時の初々しい映像から、
伝説のモントレーポップフェスティバル・ウッドストックでのライブ、
ドラム・キースムーン最期の演奏になったシークレットライブまで。
メンバーのインタビューやプロモーションビデオ映像も随所にあり。

マイクを振り回しながら精一杯力をこめて歌うロジャー、
バンドの頭脳ながら腕を振り回してギターを壊しまくるピート、
全編に渡ってフィルインのような変態ドラミングのキース、
破天荒な3人をよそに黙々とリードベースを引き続けるジョン。

素晴らしいの一言。
世界最強のバンドなんです、The Whoは。
V〜Z | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Jamie Lidell / Jim

フジロック08出演前に予習で買った一枚。
My Spaceで視聴したときには思わずニヤっとしちゃいました。
歌心のあるソウル・R&Bなボーカルが軸になってます。
が、もともとはエキセントリックなテクノ屋なんだとか。

2008年の発売とは思えないレトロな曲・サウンドが良いです。
晴れた日に気持ちよく聴ける一枚です。
J〜L | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

Broken Social Scene / Broken Social Scene

カナダの大所帯のインディーバンドというかプロジェクトというか。
メンバーの人数は不特定で、この作品の時は17人いたとか。
そのバンドの多分3枚目のバンド名を冠したアルバム。

アルバム通してふわふわドリーミーかつ、
要所要所はビシッとしまってる感じ。
演奏が結構タイトで良いです。

クールな女性ボーカルだったり、
エモーショナルな男性ボーカルだったり、
メンバーが多いのもあってか、色んなタイプの曲があります。
かといって取り留めないわけではなく、
通して気持ちよく聴ける一枚です。
A〜C | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

The Avalanches / Since I Left You

先日購入したオーストラリアの6人組バンド(?)のファースト。
いまのところオリジナルのアルバムはこれしか出てません。

ボーカル、リズムパターン、ギター・ベースのフレーズなど、
全ての音がサンプリング(他曲からの引用)で構成されているという。
聴いててなんていうか、全編通してひたすら心地よいです。
適度にダンサブルで、適度にまったりしていて。
良い意味で何となく聴けちゃう感じです。

こういうの自分でサンプリングして作れたら楽しいだろうな〜。
A〜C | permalink | comments(0) | trackbacks(0)